株式会社ハピクロ

[プレスリリース]保育園でIoTを活用した「熱中症アラートシステム」を開発

〜プログラミング不要でIoTデータの可視化用ダッシュボードを簡単に作成できる「conect+ Studio」を活用したノーコード開発〜


福岡県北九州市で保育園運営事業を展開する株式会社ハピクロ(福岡県北九州市、代表取締役社長:吉田 英啓、以下:ハピクロ)は、企業や個人のIoTプロジェクトを支援するconect.plus株式会社(東京都港区、代表取締役CEO:坂井 洋平、以下:コネクトプラス)が提供する、IoTデータをリアルタイムに表示できるダッシュボード作成ツール「conect+ Studio(コネクトプラススタジオ)」を活用して、センサーから収集した温湿度データの可視化、および熱中症のリスクをリアルタイムに通知する「熱中症アラートシステム」をノーコード開発※1でスピーディーに作成し、2020年8月 からハピクロが運営する認可小規模保育園「にじいろのはな保育園」での運用を開始しました。

「にじいろのはな保育園」では、これまでセンサーに表示された保育室の温湿度を、手作業で確認・記録しており、効率的なデータの管理・活用方法を模索していました。さらに、記録的な猛暑や新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、温湿度管理の強化が喫緊の課題となっていました。ハピクロはこのような背景の下、プログラミングの知識不要でIoTデータの可視化用ダッシュボードを簡単に作成することができる「conect+ Studio」を活用して、「熱中症アラートシステム」を約3日間という短い開発期間で構築しました。

「熱中症アラートシステム」は、温湿度が上昇し熱中症リスクが高まるごとに管理画面に表示されるランプを青⇒黄⇒赤と変化させて危険を知らせる他、保育士が使用するタブレットや管理者のスマートフォンにリアルタイムに通知します。また、温湿度データは自動的に時系列でグラフ化されるため、保育士や管理者は、アラートが発生した後、データを遡って確認しながら、熱中症リスクが高まった経緯の追及や今後の安全策に生かすことができます。

ハピクロは、「熱中症アラートシステム」を活用しながら、オーニング※2やロール型カーテンなど各種設備の遮熱効果を検証し、今後もさらに安全で快適な保育環境づくりに努めていきます。

※1 本来アプリケーション開発に必要となるソースコード入力などのプログラミングをせずに、手軽に開発すること
※2 建物の出入り口などに設置される日よけ・雨よけ

「熱中症アラートシステム」の管理画面
設置されている温度センサー
システム概要図

※ IFTTT:さまざまなWebサービスを連携できるシステム

 

■ハピクロについて

ハピクロは、福岡県北九州市で保育園の運営事業以外に、製造業・介護・飲食業界向けに従業員の業務負荷軽減を目的とした、IT/IoTソリューション事業も展開しています。
https://hapikuro.com/

 

■コネクトプラスについて

コネクトプラスは「技術と人を、デザインでつなぐ。」をコンセプトに、IoT領域における「データアプリケーション」に特化したサービスを提供しています。企業向けにIoTデータのダッシュボードが作成できる「conect+ Studio」、ホビーユーザー向けにIoT用スマホアプリが作成できる「conect+ Lite」を展開しています。
https://www.conect.plus/

※ conect+、conect+ Studioはconect.plus株式会社の登録商標または商標です。
※その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

 

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社ハピクロ  担当:中田佳孝
Tel:090-6893-0428 e-mail:press@hapikuro.com

conect.plus株式会社  広報担当:土居
Tel:070-1368-9268 e-mail:pr@conect.plus

Tagged on: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。