ハピサポBabyセンサー

赤ちゃんの呼吸胎動を見守ります

ベビーセンサーは、赤ちゃんの睡眠中のリスクにつながる呼吸数低下や体動(体の動き)の変化を知るために、産院や保育施設で導入が進んでいる機器です。
ハピサポBabyセンサーは、安心の日本製で、赤ちゃんの体動から推測した呼吸数(呼吸体動数)をモニターし、一定数低下した際にアラートでお知らせします。

[医療機器製造販売許可]
 一般医療機器(クラスⅠ)
 一般的名称:体動センサ
 製造販売届出番号:13B1X10220000019

保育士の業務負担を軽減

子どもの命を預かる保育士にとって、午睡チェックは最も気の抜けない業務の一つ。
ハピサポBabyセンサーを導入すると、目視とセンサーによるダブルチェックで、より安全安心に見守りができます。
専用アプリ「保育Napplee」と接続することで、呼吸体動やセンサー周囲の温湿度を自動記録できます。
また、寝返りの方向も簡単に記録でき、午睡チェックの精神的・肉体的負担を軽減します。

設置もカンタン!赤ちゃんにも保育士にも優しいセンサー

マット一体型なので、シーツと掛け布団があれば、すぐにモニターを開始できます。
身体に直接触れずにモニターできるので、赤ちゃんへのストレスが少ないのも特徴。
マットレスカバーは外して洗濯も可能です。