[プレスリリース]HACCPPyがラトックシステム社CO2センサーに対応しました

HACCPサポートソリューション「HACCPPy(ハサッピー)」がラトックシステム社のCO2センサーに対応。さらに換気の見える化機能を追加しました。
飲食店におけるリスク管理だけでなく業績改善の面でも欠かせない、新型コロナウイルス感染症対策とHACCPに準拠した食品衛生管理業務の効率化に、より一層貢献してまいります。

新型コロナウイルスはデルタ株、オミクロン株など次々と新型株が確認されており、その感染拡大による影響は長期化が予想され、あらゆる場面で感染症予防を取り入れた新しい生活用式への対応が求められています。

なかでも感染リスクが高いと言われる飲食店においては各自治体で感染予防認定制度が実施され、新しい生活様式への対応が事業継続に欠かせない位置づけとなっています。

新しい生活様式の実践例のひとつとしてこまめな換気(※1)があり、換気に関してはCO2(二酸化炭素)濃度1000 ppm以下(※2)といったように具体的にクリアすべき基準があります。
特に冬や夏の時期には適切な温湿度を維持しながらのこまめな換気が必要となり、CO2センサを用いたCO2濃度の監視と見える化は、適切な換気ができているかどうか確認する手段として有効です。

※1:厚生労働省「新しい生活様式」の実践例
※2:建築物衛生法対象施設の場合。

HACCPPyにおける「換気の見える化機能」の追加について

HACCPPyは、飲食店や食品製造業におけるHACCPに準拠した食品衛生管理と新型コロナウイルス感染予防に関する業務を効率化するソリューションサービスです。

HACCPPyイメージ

今回、ラトックシステムのCO2センサーに対応し「換気の見える化機能」を追加したことで、新型コロナウイルス感染症対策での活用シーンが拡がりました。
CO2濃度に加え、気温と湿度も測定できるモデルを採用し、適度な温湿度を保ちながらの換気に役立ちます。

ラトックシステム社CO2センサー

また、店内のCO2濃度のデータを公開し店内のサイネージやスマートフォンで誰にでも目視できるようにすることで、適切な感染症予防策を実施していることをアピールでき、業績改善の面でも効果が期待されます

換気見える化

HACCPPyの全体像

【HACCPPyでできること】
1.煩雑なHACCP(※1)関連の計画・記録作成・管理の省力化
2.ペーパレスによるコスト削減
3.コロナ対策業務の標準化・省力化

【主な機能】
1.店舗内に設置した温度センサーで、室内や冷蔵/冷凍庫内の温度を自動記録
2.各種衛生チェックリストをタブレットで記録し一括管理
3.換気基準となるCO2濃度測定と店内サイネージ等での見える化<新機能>
4.コロナウイルス対策に関するチェックリスト作成
5.クラウドによるリモートでの多店舗管理機能

【システムイメージ】

システム全体像

【今後の展開】
本ソリューションを全国の飲食店および食品工場に展開していき、飲食業界における衛生管理および感染症対策の効率化により一層貢献していきます。
また、介護施設・病院等、衛生管理や感染症対策の効率化が求められている業種・業態にも、本ソリューションを展開してまいります。


ラトックシステム株式会社様のコメント

ラトックシステム株式会社は、HACCPサポートソリューション「HACCPPy(ハサッピー)」が当社のCO2センサーに対応されたことを心より歓迎いたします。
IoTによるCO2濃度の可視化を通じ、本ソリューションが全国の飲食店における感染症対策をサポートしてくれることを期待しております。
ラトックシステム株式会社 開発部 グループマネージャー 坂本 研二


レンジャーシステムズ株式会社様のコメント

レンジャーシステムズ株式会社は、当社が提供するBLEゲートウェイおよび防水防塵プローブ温度センサーが組み込まれたHACCPPyがラトックシステム社のCO2センサーに対応されたことを心より歓迎します。本ソリューションが、飲食店における新しい生活様式の実現を力強くサポートしてくれることを確信しています。
レンジャーシステムズ株式会社 IoT事業部 部長 矢数 昌博

Tagged on: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です